女性の抜け毛の主な原因

2019年10月26日
ハートのクッションを持っている女医

女性の抜け毛の原因とは、男性の原因とは大きく異なるのが特徴です。
女性は年齢を重ねることで女性ホルモンが徐々に減少していきますが、その際に髪にツヤとハリ、コシを与える女性ホルモンであるエストロゲンも減少していくことによって抜け毛が増えていきます。
また、それ以外に考えられる原因として、ホルモンバランスの崩れや、血行不良なども挙げられます。
ホルモンバランスの崩れや血行不良は様々なことが要因となり起こるもので、それを改善しない限りは薄毛予防に育毛剤などを使用しても抜け毛を改善するのは難しいでしょう。
ホルモンバランスの崩れや血行不良が起こるのは、過度なダイエットや睡眠不足、偏った食習慣や精神的ストレスが溜まることによって起こります。
それ以外に、タバコの喫煙やアルコールの過剰摂取なども関係しており、特にタバコを吸うことで毛細血管を傷つけ、結果的に毛細血管が固くなることで血行不良の原因となり、髪の健康を阻害してしまいます。
アルコールの摂取は、本来髪に行き渡るはずの栄養がアルコール分解のために肝臓に多く使用されることで頭皮が栄養不足となるのです。
薄毛予防をするのは、これらの生活習慣を見直す必要があります。
まず、栄養バランスの良い食事を取るように心がけ、しっかりと良質な睡眠を取りましょう。
タバコやアルコールの摂取は控えて、ストレスを溜めすぎないようにすることも大切です。
それでもあまり改善しない場合には頭皮ケアシャンプーや女性専用の育毛剤を使用するのも良いでしょう。
女性の薄毛の原因は様々なことが要因となって起こるために、一つのことに囚われずあらゆる方向から薄毛予防の改善を考えていく必要があります。
抜け毛の原因を突き止め、生活習慣の見直しをしながら髪の健康を維持できるようにしていきたいですね。