• ホーム
  • ゴーモアを使って薄毛予防の治療費を減らす

ゴーモアを使って薄毛予防の治療費を減らす

2019年12月30日

薄毛予防のために医療機関に通うと治療費が高くなります。
その理由は、薄毛予防に有効な薬のフィナステリドなどが保険適用外だからです。
それに加えて初診料や再診料がかかるので、1ヶ月の治療費は15000円~30000円になります。
薄毛予防を専門とするクリニックでも10000万円~15000円かかるところが多いです。
薄毛予防は継続しなければ、脱毛を進行させてしまいます。
しかし治療費が高すぎると、1年間通い続けることが難しいです。
そこで、ゴーモアという商品を使って治療費を抑えます。
ゴーモアは、ノエビアが販売している発毛促進剤です。
1ヶ月に1本のペースで使用すると高い効果を得られますが、1本8000円~9000円なので経済的負担が減ります。
他の育毛剤とは違う特徴があります。
それは体内成分ウイント5aに働きに着目していることです。
薄毛の原因は遺伝やストレス、血行不良などが発毛命令を出す毛乳頭細胞の機能を低下させることで引き起こします。
ノエビアでは、毛乳頭細胞の周りにあるウイント5aに、毛乳頭細胞を活性化する効果があることを発見しました。
そこで柑橘類やバラに含まれる精油成分の
グローウイントールを配合しました。
グローウイントールには、ウイント5aの発現を高める効果があります。
慶應義塾大学医学部との共同研究によって開発されましたが、元々人間の体に存在する成分であるため、拒絶反応は起こりません。
またゴーモアにはセンブリエキスやセファランチン、オランダカラシエキスなど血行を促進して、抜け毛を改善します。
特にセファランチンは円形脱毛症に効果があります。
肌に優しい成分で作られているので、男女兼用の育毛剤です。